給料の支払いの仕訳について知ろう(簿記3級)

給料の支払いの仕訳は、それほどややこしくないのですが、その際に登場する、預り金や保険料などの勘定科目でミスをしてしまう方もいらっしゃいます。

今回は、お店で働いている従業員に支払われる給料の仕訳について説明します!

給料の支払いについて

これまで、どこかでお仕事をされてお給料を受け取ったことがある方は、「給料」というとお金をもらえるイメージがあるかもしれませんが、簿記では「給料」は雇う側が支払うものなので、費用勘定となります。

そして、「所得税」や「社会保険料」など、従業員の代わりに雇う側が給料から天引きして、国に納めてくれる仕組みがあります。

お仕事をされている方は、毎月の給与明細からいくら引かれているか目にしたことがあると思いますが、これは従業員の支払い漏れや、手間をなくすために、雇う側がまとめて国に納めることになっています。

これについては、「預り金(あずかりきん)」という負債勘定を使って仕訳をします。

なぜ負債なのかというと、これは会社のお金ではなく、あくまで従業員から預かっていて、いずれ国に納めないといけないお金だから、ということですね。

仕訳例①(給料の支払い)

「A社は従業員の給料400,000につき、所得税20,000と社会保険料15,000を差し引いた残額を現金で支払った」

この、所得税や社会保険料について、別々の勘定科目を使う場合がありますので注意しましょう。

もし、両方とも一つにまとめるとすると、

借方 貸方
給料 400,000 預り金 35,000
  現金 365,000

給料として支給される400,000から預り金35,000を差し引いた365,000だけ現金が減少しています。

取引の八要素で確認しておくと、

簿記の取引について理解しよう!

(借方要素) (貸方要素)
資産の増加 資産の減少
負債の減少 負債の増加
純資産の減少 純資産の増加
費用の発生 収益の発生

借方は費用の発生、貸方は、預り金35,000が負債の増加、現金365,000が資産の減少です。

仕訳例②(給料の支払い)

もし、所得税や社会保険料について、別々の勘定科目を使ったとすると、

借方 貸方
給料 400,000 所得税預り金 20,000
  社会保険料預り金 15,000
  現金 365,000

となります。これも問題文に指示がありますので、注意しましょう。

仕訳例③(所得税の納付)

では次に、従業員から預かったお金について、納めた際の仕訳について見ていきましょう。

「A社は従業員から預かった所得税20,000について、納期につき税務署に現金で納付した」

ここでは、所得税や社会保険料について、別々の勘定科目を使った場合で見ていきます。

借方 貸方
所得税預り金 20,000 現金 20,000

借方が負債の減少、貸方は資産の減少です。

仕訳例④(社会保険料の支払い)

社会保険料の支払いについて、注意しなくてはならないのは、社会保険料については従業員と会社で半分ずつ負担するので、会社負担分については、「法定福利費」という費用勘定で処理する、ということです。

つまり、Aさんが納めないといけない社会保険料が30,000あったとして、そのうち半分の15,000は給料から預かっておいたお金で、もう半分については会社のお金で納めますよ、ということですね。

では、仕訳を見ていきましょう。

「従業員の社会保険料30,000につき、給料から控除した15,000に会社負担額15,000を加え、現金で支払った」

借方 貸方
社会保険料預り金 15,000 現金 30,000
法定福利費 15,000  

支払った社会保険料は30,000なので、現金30,000が減少しますが、会社が負担する金額は15,000なので、法定福利費の金額は15,000となります。

取引の八要素では、借方は、社会保険料15,000が負債の減少、法定福利費15,000が費用の発生、貸方は資産の減少ですね。

まとめ

今回は、給料の支払いの仕訳について説明しました。

問題文の指示を読んでいないと、使うべき勘定科目を使わないなどのミスをしてしまうことがありますので、繰り返し復習して慣れるようにしてくださいね!

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です