貸付金、借入金の仕訳について知ろう(簿記3級)

簿記の学習をしていく上で、お金の貸し借りの仕訳について学ばれると思います。

決して複雑ではないのですが、簿記の五要素(資産、負債、純資産、収益、費用)について理解していなければミスをしてしまうこともあります。

勘定科目を知るうえで大切な簿記の五要素とは?

今回は、「貸付金」「借入金」の仕訳について説明します!

お金の貸し借りと利息について

今回は、お店が営業を行っていく上で必要な「お金の貸し借り」について学習します。

お金を貸す場合は「貸付金(かしつけきん)」という資産勘定を、借りる場合は「借入金(かりいれきん)」という負債勘定を使います。

そして、お金を貸し借りする場合は通常「利息」が発生します。

利息を支払う側は「支払利息」という費用勘定を、受け取る側は「受取利息」という収益勘定を使います。

仕訳例①(貸し付け)

まずは、貸し付けに関する仕訳を見ていきましょう!

「A社はB商店に現金100を貸し付けた」

借方 貸方
貸付金 100 現金 100

現金を貸し付けたA社は貸付金(資産)が増加する代わり、手元から現金が失われます。

ですので、取引の八要素では、

簿記の取引について理解しよう!

(借方要素) (貸方要素)
資産の増加 資産の減少
負債の減少 負債の増加
純資産の減少 純資産の増加
費用の発生 収益の発生

借方が資産の増加、貸方は資産の減少です。

仕訳例②(貸付金の返済)

次は、貸付けた現金の返済を受けた場合の仕訳です。

「A社はB商店から貸付金100の返済につき、利息5とともに支払いを受けた」

借方 貸方
現金 105 貸付金 100
  受取利息 5

貸したお金の返済を受けたので、貸付金という「債権」(お金を請求する権利)が消滅します。

取引の八要素では、借方が資産の増加、貸方は、貸付金100が資産の減少、受取利息5が収益の発生となります。

仕訳例③(借入れ)

続いて、お金を借りた側の仕訳を見ていきましょう。

「B社は銀行から現金100を借り入れた」

借方 貸方
現金 100 借入金 100

現金を借り入れることで、手元の現金が増加するとともに借入金(負債)も増加します。

取引の八要素では、借方が資産の増加、貸方は負債の増加です。

仕訳例④(借入金の返済)

最後は、借りたお金を返済する際の仕訳です。

「B社は、借入金100の返済に際し、利息5とともに銀行に支払った」

借方 貸方
借入金 100 現金 105
支払利息 5  

借りたお金を返したので、借入金という「債務」(お金を支払う義務)が消滅します。

取引の八要素では、借方は、借入金100が負債の減少、支払利息5は費用の発生、貸方は資産の減少ですね。

利息の計算について

さて、検定試験では、利息の計算をしなくてはいけない場合もあります。

通常、利息は「日割計算」で行います。

つまり、一年間の利息(年利)が○○%と決まっていて、それを365日で割り、借りた日数をかけて支払う利息を計算するということですね。

例えば、年利7.3%で100,000円を50日借り入れた場合、支払う利息は、

100,000 × 7.3/100 × 50/365 = 1,000円

となります。

もし、月割計算で出題された場合、12か月で割り、借りた月数を掛けます。

例えば、年利5%で100,000を3か月借りたならば、支払う利息は、

100,000 × 5/100 × 3/12 = 1,250円

利息の金額が与えられることもありますが、計算させる場合もありますので、ぜひ覚えておいてください!!

まとめ

今回は、貸付金、借入金の仕訳について説明しました。

利息の計算も出題されたらミスなく解答できるよう、しっかり復習しておいてくださいね!

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です