有価証券について知ろう(簿記3級)

有価証券は固定資産と同様に、商品売買とは違った仕訳になります。

固定資産について知ろう(簿記3級)

正確に理解するのが難しく、ミスをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、有価証券の仕訳について説明します!

有価証券とは

「有価証券」とは、株式、公債、社債などを指します。

株式とは、会社が新しく株主になってもらうために発行する証券です。株主とは会社の所有者(オーナー)のことですね。

公債とは、国債、地方債など、国や地方公共団体がお金を集めるための証券で、社債は会社がお金が必要な時に発行する証券となります。

いずれにしても、「有価証券」そのものに価値があり、また持っているだけでも、株式なら配当公債や社債なら利息といったお金を受け取ることができます。

現金を持っていてもそれが増えることはありませんが、有価証券として運用することで、リスクはありますがもうけを得ることができる、ということです。

有価証券の取得

今回は、「有価証券」を取得した場合と、売却した場合の仕訳を見ていきます。

有価証券の取得原価の計算

まずは、取得時の仕訳ですが、「取得原価」を計算する際、株式であれば一株当たり○○円というように指示が与えられますが、公社債の場合、一口100円当たり○○円というように指示が与えられます。

さらに、固定資産の取得と同じように「不随費用(取得に際してかかる費用)」も取得原価に含めます。

ですから、株式の場合は、一株当たりの金額×株式数+不随費用、で取得原価を求め、公社債の場合は、額面金額×一口当たりの金額÷100円+不随費用、というように求めます。

公社債の割引発行

ちなみに、公社債の場合は、額面金額が100円としても、実際発行する価額は98円というように、額面金額よりも安く発行することが多いです。

これを「割引発行(わりびきはっこう)」といいます。

なぜそうするかというと、公債、社債などは通常長い期間をかけて運用するのですが、額面よりも安くで発行していたとしても、数年間待って満期になると額面金額を受け取ることができます。

つまり、運用する側としては、発行価額と額面金額の差額分は得したことになります。

ですから、発行する側としては、「安くで発行して上げるから、満期までお金を返すのは待っててね」という意味も込めて「割引発行」をすることが多いのです。

ですから、一口100円当たり95円で額面金額50,000円の社債を発行したとしたら、50,000×95÷100で、発行価額は47,500円となります。

仕訳例①(株式の取得)

では、実際の仕訳で見ていきましょう。まずは、株式の取得です。

「一株当たり200の株式を20株、現金で取得し、証券会社に手数料300を現金で支払った」

手数料300を加えるのを忘れないようにしましょう。

取得原価は、200×20+300で、4,300となります

借方 貸方
有価証券 4,300 現金4,300

「有価証券」勘定は資産になりますので、取引の八要素では、

簿記の取引について理解しよう!

(借方要素) (貸方要素)
資産の増加 資産の減少
負債の減少 負債の増加
純資産の減少 純資産の増加
費用の発生 収益の発生

借方が資産の増加、貸方は資産の減少となります。

仕訳例②(社債の取得)

次に、社債の取得について見ていきましょう。

「 一口100円当たり95円で額面金額50,000円の社債 を現金で取得し、 証券会社に手数料300を現金で支払った 」

ここでも、手数料300を加えるのを忘れないでください。

取得原価は、 50,000×95÷100+300で、47,800となります。

借方 貸方
有価証券 47,800 現金 47,800

 

有価証券の売却

続いて、「有価証券」の売却について見ていきます。

前回の固定資産の仕訳でも、「帳簿価額」と「売却価額」を比較し、売却価額のほうが高ければ「固定資産売却益」、安ければ「固定資産売却損」を使いました。

今回は「有価証券売却益」という収益勘定と、「有価証券売却損」という費用勘定を使います。

仕訳例③(売却益が発生)

まずは、「帳簿価額」よりも「売却価額」が高い場合の仕訳を見ていきましょう。

「帳簿価額4,300の株式を5,000で売却し、代金は現金で受け取った」

取得したよりも、700円高く売れていますので、有価証券売却益が700発生します。

借方 貸方
現金 5,000 有価証券 4,300
  有価証券売却益 700

取引の八要素では、借方が資産の増加、貸方は、有価証券4,300が資産の減少、有価証券売却益700が収益の発生です。

仕訳例④(売却損が発生)

続いて、 「帳簿価額」よりも「売却価額」が安い場合の仕訳を見ていきましょう。

「帳簿価額47,800の社債を47,000で売却し、代金は現金で受け取った」

取得したよりも、800円安く売っていますので、有価証券売却損が800発生します。

借方 貸方
現金 47,000 有価証券 47,800
有価証券売却損 800  

取引の八要素では、借方は、現金47,800が資産の増加、有価証券売却損800が費用の発生、貸方は資産の減少です。

固定資産の場合と同様に「有価証券売却益」は収益なので貸方、「有価証券売却損」は費用なので借方と覚えておきましょう

ですので、仕訳問題で、借方、貸方、どちらに記入すればいいかわからなくなったら、まず、高く売れたか安く売れたかを確認し、高く売れたなら収益なので貸方安く売れたなら費用なので借方と覚えるようにしましょう

まとめ

今回は、有価証券の取得と売却の仕訳について説明しました。

これもミスの多い仕訳となりますので、固定資産と合わせて何度も復習するようにしてくださいね!

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です