会社が仕訳をするタイミングって?

いざ、簿記のテキストを買って開いて見たものの、よくわからない言葉ばかりでどうしたらいいかわからないし、まず毎回出てくる「仕訳」ってなんなの?と思われる方は多いのではないでしょうか。

今回は簿記を学習していくうえで基本となる「仕訳」って何?ということについて説明します。

この記事を読めば、「仕訳」について具体的なイメージを持っていただけることで、今後の簿記の学習が少しでもスムーズに進められるはずです。

まだ、簿記の学習を始めるか迷っている、という方はこちらの記事をまず読んでみてくださいね。

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

どんな時に仕訳をするの?

会社では、日々様々な業務が行われています。

そのうち、お金などの会社の財産が増えたり減ったりする「取引」については記録しておかなくてはなりません。

そして、簿記とは会社が行う「取引」について「帳簿」というところに記録していくためのルールなのですが、その取引を記録することを「仕訳」をといいます。

「仕訳」という言葉は「し・わけ」とよむので、何かを「分ける」というイメージを持ちませんか?

仕訳を理解するうえで、この一つの出来事を二つに分けて考える、ということはとても大切になります。

取引の「表」と「裏」について知ろう

まず、取引には必ず二つの面がある、ということについてお話していきます。

例えば、あなたが100円のジュースをコンビニで買った時のことを考えてみましょう。

あなたは、100円のジュースを手にするために、財布から100円を出して支払いますね?

これを、表と裏で考えると次のようになります。

(表)ジュースを飲む ⇔(裏)財布から100円がなくなる

このように、取引を二つの面で考えてみましょう。

この表の裏、とは取引をする側にとって、「嬉しいこと」と「嬉しくないこと」で構成されていることが多いです。

先ほどの例で言うと、のどが渇いているのでジュースを飲めることは「嬉しいこと」ですが、財布からあなたの100円がなくなってしまうことは「嬉しくないこと」ですね?

他にも、以下のような例が考えられます。

嬉しいこと 嬉しくないこと
  • 住む家がある
  • 家賃を支払わなくてはならない
  • 給料を受け取る
  • 毎日働かなくてはならない
  • 旅行に行く
  • 旅費を支払う

このように、取引を二つの面から考える癖をつけるようにしてみてください。

借方と貸方って?

先ほど、取引には「表」と「裏」がある、というお話をしましたが、簿記ではこれを借方(かりかた)と貸方(かしかた)という二つの要素によって表します。

先ほどの例で言うと、

(借方)ジュースを飲む ⇔(貸方)財布から100円がなくなる

といった感じになります「借方」「貸方」という言葉の意味についてはあまり深く考えなくて大丈夫です。)

英語を勉強する際、ノートを半分に折って、右側に英単語、左側に日本語訳を書いて、英単語を暗記した方がいらっしゃるかもしれませんが、簿記の「帳簿」も右側が「貸方」左側が「借方」というように分かれています。

そして、先ほど説明した「取引」の表と裏を帳簿の右側と左側、つまり借方と貸方に記入することによって仕訳が完成する、といった形になります。

より実践的に仕訳について学びたい方に、お勧めの本はこちら!

簿記の五要素って?

さきほど、仕訳とは会社が行った「取引」について「帳簿」という場所に記録しておくこと、と説明しました。

そして、帳簿に記録する際に、簿記では「勘定科目」というものを使います。

例えば、ジュースを買ったなら、「現金」という勘定科目が減少することになります。

簿記の学習上、「現金」「土地」「売上」など様々な勘定科目が登場しますが、これらが増えた、減った、ということを仕訳として帳簿に記録します。

そして「勘定科目」は、五つの要素に分かれており、これを「簿記の五要素」と呼びます。

  1. 資産
  2. 負債
  3. 純資産
  4. 収益
  5. 費用

この五つです。なんとなく耳にしたことのある言葉も多いと思います。

全ての勘定科目は、必ずこの五つに分類されます

詳しくはこちらで解説しています。

勘定科目を知るうえで大切な簿記の五要素とは?

複式簿記について知ろう

最後に、「複式簿記」について簡単にご説明したいと思います。

さきほど、取引には「表」と「裏」があり、これを借方(かりかた)と貸方(かしかた)という二つの要素によって表す、ということをお伝えしました。

このように、借方と貸方の二つの要素に分かれている簿記のことを「複式簿記」と呼びます。

この複式簿記に対して、「単式簿記」というものもありますが、これはお小遣い帳のように、お金が増えた、減った、だけを記すシンプルなものです。

これから勉強される「取引」にはそれよりも少しだけ複雑なものもあるので、表と裏の要素がある「複式簿記」を使っていくというわけですね。

まとめ

今回は仕訳について、解説させていただきました。

これからの学習において重要になりますので、繰り返し復習するようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です