飲んでも大丈夫?ダイエットとお酒の関係とは

お酒が好きな方は、どうやったらダイエットと晩酌などの飲酒を両立できるのか悩まれるのではないでしょうか?

やはり、私としては無理をして我慢しても仕方ない、と考えているので、ダイエットや運動をしながら、うまくお酒と付き合っていくためのコツや方法をお伝えできればと思います。

読んでいただければ、お酒とうまく付き合いながら身体づくりをしていくための参考にしていただけるはずです!

外で飲む場合の注意点

外で飲む場合、やっぱり気を付けたいのが飲みながら食べるものです。どうしても、居酒屋のメニューなどは揚げ物が多くなりがちです。

ですので、もしあなたにお店の選択権があるならば、「串カツ屋さん」や「天ぷら屋さん」などの揚げ物を中心としたメニューを提供するお店を選ぶのはやめましょう。

できれば一般的な居酒屋や焼き鳥やなどを選び、刺身や焼き魚、お肉などのメニューを中心に食べ、シメにおにぎりやお茶漬けを食べると良いのではないでしょうか。

どうしても揚げ物しか選べない、という場合は、まず量に気を付けてください。

どんなものでも食べ過ぎなければ太ることはありません。

そして、お茶漬けなどの炭水化物のメニューを食べないようにすることで全体のカロリーを抑えるなどの工夫をしてみてください。

何を飲んだらいいの?

次に気を付けていただきたいのは、飲むお酒の種類です。

どうしてもビールやカクテル、ワインなどのお酒には糖質が含まれているので、飲みすぎるとカロリーオーバーしてしまいます。

ですので、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を炭酸水や水で割ったものや、家で飲まれる場合は糖質ゼロのお酒が多く販売されているので、そちらを選ばれると良いでしょう。

でもやっぱり飲み会では一杯目はビール、といきたいところです。(笑) 

ですからこれも、量に気を付けて二杯目、三杯目、は糖質の含まれていないお酒を選ぶ、などの工夫をしてみてください。

まとめ

今回は、お酒を飲みながらのダイエットの方法についてご紹介させていただきました。

やはり、お酒好きには飲まないというのはどうしてもストレスになってしまいます。

しかし、筋トレやダイエットをしっかりされていると、飲みすぎることで疲れが抜けなかったり、酔いがまわりやすかったり、ということがあります。

ですので、たまのご褒美ということで、気の合う仲間と飲むときは気にせず飲んでも、普段の晩酌はなるべく酔いすぎないように気を付けてみてはいかがでしょう。(^^)

私は、晩ジムから帰ってきて食事をするのですが、その食事と一緒に糖質ゼロのビールを飲むのが習慣でした。

しかし、筋トレを長く続けていて、普段の生活ではあまりアルコールを求めなくなったというか、年齢のせいもあるかもしれませんが、身体がお酒を受け付けなくなってしまいました。(^^;

飲みすぎると疲労が抜けなかったり、次の日のトレーニングで力を発揮できなかったりということがあります。

ですから、お酒を控えたい、と思っている方はいきなり減らすのではなく、少しずつ生活習慣を変えていくことによって、お酒をそれほど欲さなくなっていくかもしれません。

お酒好きの方は、参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です