トータル500kgへの道 ベンチプレス121(1/28・1/31)

トータル500kgへの道

1/28 BP

アップは20kg10reps、60kg5repsで、メインセットは、①95kg8reps(RPE8)、②95kg8reps(RPE9)、③100kg5reps(RPE8)、④100kg5reps(RPE9)、メモリセットは105kg3reps(RPE9)です。

続いて、足上げナロー70kg10reps、止め90kg5repsを2セット行いました。

今回気付いた点は、グリップを取りに行くとき、親指の付け根側を意識するとじゃっかんハの字になるのですが、そこからブリッジを組む際、わきを締めつつグリップを平行にするとちょうど良い位置に収まる感覚があります。

ただそのままではラックアップしずらいので、お尻をベンチに付けた際にやや肘を開き気味にするとスムーズに動作に移れる感じがします。

なかなかややこしいですが、一つ一つの動きをモノにしていきたいです。(^^;

その後は脚の補助種目を行い、今日のトレーニングは終了です。

1/31 BP

アップは20kg10reps、60kg5repsで、メインセットは、①100kg8reps(RPE9)、②100kg8reps(RPE8)、③105kg5reps(RPE8)、メモリセットは110kg3reps(RPE9)です。

続いて、足上げナロー72.5kg10reps、止め92.5kg5repsを2セット行いました。

スクワットほどはしんどくなかったと思います。

ただ、グリップの意識が強すぎたのか、じゃっかんお尻が甘くなってしまっているので、やはりブリッジを組んだ際の骨盤の角度は常に意識できていないといけないなと思いました。

グリップとお尻がベンチプレスにおける当面の課題となりそうです。

ベンチプレスの後は胸の補助種目としてペックフライ、インクラインプレスマシン、三頭筋の補助種目としてダンベルトライセップスプレスとディップスマシンを行い、今日のトレーニングは終了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。