トータル500kgへの道 スクワット146(7/26)

トータル500kgへの道

7/26 SQ 体重83.20kg 

アップは20kg6reps、60kg5reps、100kg2reps、120kg1repで、トップシングルが①120kg1rep(RPE7)、②130kg1rep(RPE8)、③132.5kg1rep(RPE9)、メインセットは①95kg6reps(RPE8)、②95kg6reps(RPE8)、③95kg6reps(RPE8)、メモリセットは①105kg3reps(RPE7)、②105kg3reps(RPE8)、③105kg3reps(RPE9)です。

今回、アップの前にシャフトを担いで立腰体操をするようになって、大幅にまた担ぎの感覚と呼吸の意識が変化しました。

具体的には、担ぎの段階で肩がありてくるようになり、結果、背骨がある程度しなった状態で受けられるようになったことで、骨格で受けられる感覚がつかめたように思います。

リュックサックのように背中に背負うのではなく、ストンと下に落ちそうになっているものを両手で止めている状態、といった感じです。(^^♪

そうすることで、非常に鎖骨から上部肋骨にかけてが窮屈でなくなり、意識せずとも大きく呼吸ができるようになりました。

これは大きな変化です。

十分に、息を吸ってから動作することで、一回の動作をワンテンポでできるようになりましたし、何より動作のブレが圧倒的に少なくなりました。

これからが楽しみです。(^^♪

その後は自重スクワット10repsをした後、ベンチプレスと三頭筋の補助種目としてプレスダウンを行い、今日のトレーニングは終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。