会社が仕訳をするタイミングって?

いざ、簿記のテキストを買って開いて見たものの、よくわからない言葉ばかりでどうしたらいいかわからないし、まず毎回出てくる「仕訳」ってなんなの?と思われる方は多いのではないでしょうか。

今回は簿記を学習していくうえで基本となる「仕訳」って何?ということについて説明します。

この記事を読めば、「仕訳」について具体的なイメージを持っていただけることで、今後の簿記の学習が少しでもスムーズに進められるはずです。

まだ、簿記の学習を始めるか迷っている、という方はこちらの記事をまず読んでみてくださいね。

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

どんな時に仕訳をするの?

会社では、日々様々な業務が行われています。

そのうち、お金などの会社の財産が増えたり減ったりする「取引」については記録しておかなくてはなりません。

そして、簿記とは会社が行う「取引」について「帳簿」というところに記録していくためのルールなのですが、その取引を記録することを「仕訳」をといいます。

「仕訳」という言葉は「し・わけ」とよむので、何かを「分ける」というイメージを持ちませんか?

仕訳を理解するうえで、この一つの出来事を二つに分けて考える、ということはとても大切になります。

取引の「表」と「裏」について知ろう

まず、取引には必ず二つの面がある、ということについてお話していきます。

例えば、あなたが100円のジュースをコンビニで買った時のことを考えてみましょう。

あなたは、100円のジュースを手にするために、財布から100円を出して支払いますね?

これを、表と裏で考えると次のようになります。

(表)ジュースを飲む ⇔(裏)財布から100円がなくなる

このように、取引を二つの面で考えてみましょう。

この表の裏、とは取引をする側にとって、「嬉しいこと」と「嬉しくないこと」で構成されていることが多いです。

先ほどの例で言うと、のどが渇いているのでジュースを飲めることは「嬉しいこと」ですが、財布からあなたの100円がなくなってしまうことは「嬉しくないこと」ですね?

他にも、以下のような例が考えられます。

嬉しいこと 嬉しくないこと
  • 住む家がある
  • 家賃を支払わなくてはならない
  • 給料を受け取る
  • 毎日働かなくてはならない
  • 旅行に行く
  • 旅費を支払う

このように、取引を二つの面から考える癖をつけるようにしてみてください。

借方と貸方って?

先ほど、取引には「表」と「裏」がある、というお話をしましたが、簿記ではこれを借方(かりかた)と貸方(かしかた)という二つの要素によって表します。

先ほどの例で言うと、

(借方)ジュースを飲む ⇔(貸方)財布から100円がなくなる

といった感じになります「借方」「貸方」という言葉の意味についてはあまり深く考えなくて大丈夫です。)

英語を勉強する際、ノートを半分に折って、右側に英単語、左側に日本語訳を書いて、英単語を暗記した方がいらっしゃるかもしれませんが、簿記の「帳簿」も右側が「貸方」左側が「借方」というように分かれています。

そして、先ほど説明した「取引」の表と裏を帳簿の右側と左側、つまり借方と貸方に記入することによって仕訳が完成する、といった形になります。

より実践的に仕訳について学びたい方に、お勧めの本はこちら!

簿記の五要素って?

さきほど、仕訳とは会社が行った「取引」について「帳簿」という場所に記録しておくこと、と説明しました。

そして、帳簿に記録する際に、簿記では「勘定科目」というものを使います。

例えば、ジュースを買ったなら、「現金」という勘定科目が減少することになります。

簿記の学習上、「現金」「土地」「売上」など様々な勘定科目が登場しますが、これらが増えた、減った、ということを仕訳として帳簿に記録します。

そして「勘定科目」は、五つの要素に分かれており、これを「簿記の五要素」と呼びます。

  1. 資産
  2. 負債
  3. 純資産
  4. 収益
  5. 費用

この五つです。なんとなく耳にしたことのある言葉も多いと思います。

全ての勘定科目は、必ずこの五つに分類されます

詳しくはこちらで解説しています。

勘定科目を知るうえで大切な簿記の五要素とは?

複式簿記について知ろう

最後に、「複式簿記」について簡単にご説明したいと思います。

さきほど、取引には「表」と「裏」があり、これを借方(かりかた)と貸方(かしかた)という二つの要素によって表す、ということをお伝えしました。

このように、借方と貸方の二つの要素に分かれている簿記のことを「複式簿記」と呼びます。

この複式簿記に対して、「単式簿記」というものもありますが、これはお小遣い帳のように、お金が増えた、減った、だけを記すシンプルなものです。

これから勉強される「取引」にはそれよりも少しだけ複雑なものもあるので、表と裏の要素がある「複式簿記」を使っていくというわけですね。

まとめ

今回は仕訳について、解説させていただきました。

これからの学習において重要になりますので、繰り返し復習するようにしてくださいね!

今日の筋トレ②

今日は背中の日。

一種目目はハーフデッドリフト。バーの20kgから始め、60kg→80kg→100kg→120kgと上げていき、その後100kgで3セット行いました。しっかり背中の収縮を感じるため、重量は扱わず10回行える重さに設定しました。腰を痛める恐れもあったので。(笑)

二種目目はワンハンドローイング。14kgから始め、20kg→26kgと上げていき、31.5kgを6回で3セット行いました。こちらは、重量を少し意識しつつ、ケガをしない程度の重さに設定しました。

3種目はラットプルダウン。Vバーを使い、広背筋の下部の収縮を意識しつつ、20回を行える重さで、6セット程行いました。

最後はケーブルプルダウン。こちらも軽めの重量で広背筋全体の収縮を意識しつつ、10回から15回を5セット程行いました。

最近は背中の収縮を強く感じられるようになってきて、良い感じです!!(^^)

トレ後のおやつはセブンのきなこくりいむもち。

ふわふわのお餅にとろーりした黒蜜が入っていて、最高でした!!

簿記の学習を始めるにあたって、まず知っておくべきこと

簿記を学習したいけれども、何から始めていいかわからない・・・簿記の勉強を始めたけれども、全く頭に入ってこない・・・こういった方は多いのではないでしょうか?

この記事は、簿記のテキストを買ったもののまだ開いていない、目を通せていない、という方に向けて、簿記って何なの?という疑問にお答えいたします。

この記事を読んでいただければ、簿記の勉強についてのイメージを持っていただけるはずです。

私は以前、職業訓練校で社会人の方たちに簿記の指導をしておりましたが、簿記の学習の最初がスムーズに進んだ方の多くは、検定試験にも合格され、希望した仕事にも就いておられます。

簿記の学習を始めるにあたって、最初に覚えておくべきこと

まず簿記の学習を始めるにあたって、最初に覚えておかなければならないことは、

  1. 「仕訳」
  2. 「勘定科目」
  3. 「取引」

この三つです。

仕訳

まず、「仕訳」についてです。

仕訳って、これから簿記を勉強していく上で当たり前に耳にしていく言葉になります。

ですから、「仕訳」という言葉について最初にイメージを持っておくことはとても大切です。

そもそも、簿記とは会社が行う「取引」について「帳簿」というところに記録していくためのルールなんです。

「取引」については後ほどもう少し説明しますが、とりあえずモノを売ったり買ったりしたことを想像してみてください。

「100円のジュースを買いました」ということを、「帳簿」という場所に記録しておく、これが仕訳です。

詳しくはこちらで解説しています

会社が仕訳をするタイミングって?

勘定科目

続いて、「勘定科目」についてです。

さきほど、仕訳とは会社が行った「取引」について「帳簿」という場所に記録しておくこと、と説明しました。

では、なにをどう記録するか?なんですが、簿記では「勘定科目」というものを使います。

例えば、ジュースを買ったなら、「現金」という勘定科目が減少することになります。

簿記の学習上、「現金」「土地」「売上」など様々な勘定科目が登場します。

勘定科目が決められていることで、誰が見ても理解できるしくみになっているわけですね。

そして「勘定科目」は、五つの要素に分かれています。

これを「簿記の五要素」と呼びます。

  1. 資産
  2. 負債
  3. 純資産
  4. 収益
  5. 費用

この五つです。なんとなく耳にしたことのある言葉も多いと思います。

全ての勘定科目は、必ずこの五つに分類されます。

詳しくはこちらで解説しています。

勘定科目を知るうえで大切な簿記の五要素とは?

取引

最後に、「取引」についてです。

さきほどお伝えした通り、会社における「取引」があったときは必ず帳簿に仕訳をすることになります。

では、「取引」ってなんでしょう?

ここで、押さえていただきたいのが「勘定科目」についてです。

会社における取引が行われると、必ず勘定科目が増えたり減ったりします。

例えば、モノを売れば現金が増える、モノを買えば現金が減りますね。

ですから、取引先と打ち合わせをするなどしたとしても、実際に会社の財産(お金など)が増えるか減るかしなければ「取引」とは呼びません。

つまり、取引=帳簿に記録(仕訳)となりますので、簿記の学習はどのような「取引」が行われるか、についてまず覚えていくことから始まります!

詳しくはこちらで解説しています

簿記の取引について理解しよう!

なぜ、簿記の学習は最初でつまずくのか

簿記の学習が最初の段階でうまくいかない理由は、二つあります。

知らない言葉が多い

これまで、経理の経験をされたことのない方や、学生さんであれば、簿記のテキストを開いてもわからない言葉だらけ、というのは仕方ないことです。

私も簿記の学習を始めるにあたって、市販のテキストを購入し読んでみたのですが、書いてあることがなかなか理解できず苦労しました。

簿記の学習に最初でつまずかないためには、こだわりすぎないことが大切だと思います。

テキストに書いてある一つ一つの内容は意味不明でも、なんとなく学習を続けていけば漠然と理解できてくるということがあるからです。

例えば、英単語を数万と覚えても、恋人に愛情を英語で伝えることは難しいでしょうが、英単語にこだわらず、文法を理解したり例文を繰り返し目にすることで、少しずつ自分の感情を表現できるようになるはずです。

確かに、まじめな人ほど、一つのことを自分のものにしてからでないと、次に進んではいけないのではないか、と思うのかもしれません。

ですが、簿記の学習は決して難しいものではないので、後で戻ってくると「なんだ、そんなことで悩んでいたのか」ということがあると思います。

一つの単元で一週間悩むならば、二つ目、三つ目の単元に時間をかけたほうが、一週間後に最初の単元に戻ってきた時に理解が進んでいた、ということもあります。

ですので、知らない言葉が多すぎて勉強が嫌になりそうなのであれば、言葉がわからないのは当たり前と割り切って、次の学習に進んでみることをお勧めします!

知識ゼロから簿記を学ぶ方に、お勧めの本はこちら!

 

数字が苦手

簿記のことを全く知らない人であれば、自分は数字が苦手だから、という理由で学習に抵抗を感じられる方もいらっしゃいます。

しかし、学習を進めていくとわかるのですが、簿記の勉強は計算することよりも文章を読むことの方がが多いです。

さきほどお伝えした通り、簿記の学習はどのような「取引」が会社で日常的に行われるかについて覚えていくことから始まります。

実際に計算するのは、簿記の学習がそれなりに進んでからになります。

その計算も、小学校で学習するレベルですし、検定試験では電卓を使用することが認められています。

ですから、数字が苦手、という方も簿記に苦手意識を持つ必要は全くありません。

数字が苦手な方でもスムーズに簿記を学べる本はこちら!

これから学習を続けていく上で、知っておいてほしいこと

最後に、これから簿記を学んでいく上で知っていただきたいことは、簿記は決して特別なものじゃないということです。

日本には中小企業が約380万社ほどあるらしいのですが、ほぼすべての会社が基本的に同じルールで記帳をしていると考えて良いでしょう。

これまでの人生で簿記に触れてこなかった方もいらっしゃると思いますが、会社では当たり前に簿記を使っています。

ですので、ぜひ簿記に苦手意識を持つことなく学習を継続していただければと思います。

そうすることで、最短での検定試験合格が見えてくるはずです。

今回は、初めて学習をされる方に向けて、まず最初に知っておいていただきたいことについて説明させていただきました。

まだまだイメージがわきづらい「簿記」かもしれませんが、こちらのブログ記事を一通り読んでいただくことは、必ず検定試験の短期合格の近道になると思いますので、今後もぜひ学習を続けていただけたら幸いです。

検定試験に向けて、より本格的に学習を始めたい方にお勧めの本はこちら!

 

まずはテキストを一通り読み、例題を使って問題になれていきましょう。

テキストを読み終わったら(もしくはテキストと同時進行で)トレーニングの問題を解いて、より実践的な内容に触れていきましょう。

試験直前は、本番形式での練習が必須です!

今日の筋トレ①

今日は胸の日でした。

一種目目はスミスマシンを使ったベンチプレスをしようかと思っていたのですが、空いていなかったので通常のベンチプレスを行いました。

腰の状態はだいぶ良くなっていたものの、右肩が万全ではなかったので慎重に重量を上げていくことに。バーの20kgから初めて、60kg→70kg→80kg→90kg→100kgで行いましたが、100kgの二回目でつぶれてしまったので、80kgに落として5セットほどやりました。最後は60kgで2セット。

肩を痛めないフォームが少し身についてきたようなので、しばらくはこれで続けていこう!!

二種目目はケーブルクロスオーバー。これは軽めの重量で10repを5セットほど。いい感じで胸の収縮を感じられたと思います。

三種目目はインクラインダンベルプレス。12kg→16kg→20kg→22kgと上げていって、24kgでメインセットを3セット。だいぶ疲労していたのでかなり重たく感じました。

4種目目に12kgでインクラインダンベルフライを3セットやって胸のトレーニングは終了です。

最後に肩の前部のトレーニングとして、5kgでダンベルフロントレイズを行いました。

最近は関節の痛みを感じることが多くなったので、インターバルを意識してとるようにしています。1セットごとに集中できたほうが、ケガのリスクは下がるのかもしれませんね。。。本当はノンストップで動き続けるようなトレーニングが好きなのですが。(笑)

トレーニング後は自宅でプロテインとおやつで栄養補給です!

一つで176kcal、P3.5g、F5g、C29.4gですから悪くないですね。最近はトレ後の炭水化物として和菓子などを食べることが多いです。吸収が早いのですぐおなかがすくのですが。(笑)

明日は背中トレ、頑張ろう!!

 

身体づくりのためのトレーニングと食事って?

ダイエットや筋トレを始めたものの、なかなか効果が得られたと感じられない方はたくさんいらっしゃると思います。

何を食べたら良いかわからない、筋トレがつらくて続けられないなど、うまくいかない理由は様々だと思います。

そういった方はダイエットや筋トレの専門家であるボディビルダーを参考にしてみてはいかがでしょう?

競技として食事管理やウエイトトレーニングに取り組まれているボディビルダーについて知ることで、必ずダイエットや筋トレについての効果を上げることができるようになります!

トップボディビルダー佐藤貴規選手とは

昨日、私が通っているジムで、佐藤貴規選手のセミナーに参加しました。

ボディビルに興味のない方はご存じないかもしれませんが、ボディビル選手権で何度も入賞されるほどの、日本を代表する選手です。

佐藤選手のトレーニング

セミナーは前半と後半に分かれていて、まずはトレーニングについての説明がありました。

佐藤選手いわく、筋肉を大きくするために必要なことは、しんどい思いをすることではなく、身体が筋肉を必要とする刺激を与えることにより、筋肉が成長する環境を整えてあげることだそうです。

筋トレに限らず、必要以上に頑張りすぎてしまい、結果がともなわないのはよくあることですよね。

そして、佐藤選手はトレーニングを筋破壊=高重量と、パンプ=高回数とに分けて考えていて、パンプ=高回数を重視されているとのことでした。

でも、多くの人は高重量トレーニングをやりたがるともおっしゃっていました。(笑)

また、得意な部位(佐藤選手の場合胸、足の前側)は高重量を扱うけれど、それ以外の苦手な部位(腕、ハムストリング、背中、肩、腹)は軽い重量で高回数行うそうです。

やはり、高重量をあまり扱わない理由は、ケガのリスクがあるから、ということです。

その後、上半身のトレーニングの代表でもあるベンチプレスについての解説がありました。

手幅は胸の収縮を意識するために狭く持ち、肩甲骨はよせすぎない、足は手前に持ってきてシートを挟み込むのだそうです。

佐藤選手もベンチプレスは得意な種目とのことで、5回から6回できるくらいの高重量に設定するので、しっかり足の力も使えるようなフォームを意識されているとのことでした。

また、どんな種目であっても、自分が行うフォームにしっかりとした理由を持つこと、手の位置、角度、足の幅、などなんとなくではだめで、しっかりとした根拠を持ってやってほしいとおっしゃっていました。

どんなことでも慣れてくると、自分のやり方に疑問を持つことが難しくなりますが、これからは毎回新鮮な気持ちでトレーニングに取り組もうと思います!

筋トレのやり方に迷ったら、ぜひこちらを参考にしてみてください。

佐藤選手の食事

前半が終了し、休憩をはさんで、後半(食事編)が始まりました。

(休憩中のリラックスした様子の佐藤選手)

まず、佐藤選手の食事紹介がありました。

7:00 ホエイプロテイン10g マルチビタミン2粒

7:30 ごはん200g 卵6個 (雑炊にして食べるそうです)

9:25 おにぎり1個 ホエイプロテイン30g

13:00 ごはん200g ツナ缶4個

18:00 おにぎり1個 ホエイプロテイン30g

20:00 トレーニング

22:00 おにぎり半分

23:30 ごはん200g 鶏肉200g(もしくは魚、卵など)マルチビタミン2粒

佐藤選手の食生活について、何より驚きなのは、こういった食生活をほぼ一年中続けられているということです。

ボディビルダーによっては、コンテスト前の時期以外は、脂肪ものせてしっかり身体を大きくする選手もいますが、佐藤選手は一年を通して体脂肪率が低い状態を維持しているのでしょう。

そしてもう一つ特徴的と感じたのは、減量を開始しても、1,2か月は総摂取カロリーを変えないということです。

晩に食べていたごはんを昼や夕方に持ってくるなどして調整し、食べる量を変えずに体重を落としていくそうです。

それでも減らなくなって初めて、食べる量を減らすとのこと。

無理なダイエットを経験された方は少なくないと思いますが、しっかり運動して食事管理もできていれば、食べながら痩せられるということですね。

正しいダイエットを学ぶためにおススメの本はこちら!

まとめ

今回は、トップボディビルダー佐藤貴規選手の食事とトレーニングについてご紹介させていただきました。

やはり、長年のトレーニングと食事管理があってこその肉体だと思いますが、我々も参考にできることがあるはずです。

トレーニングも食事も継続できなくては意味がないので、無理するのではなく、生活の中に習慣として取り入れられることから始めることが大切なのだと思います。

こちらもどうぞ!

今日からできる!筋トレの効果を高める食事とは?